初めての

車椅子で処置室に連れて行かれます。

のどの痛み止めのような形の麻酔薬注入機が口にはいる。一回、二回。

すぐにのどの感覚がなくなってきます。横向きに寝るように指示され、左側臥位になる。

これ噛んで

マウスピースを渡されはむっと食いつきます。

始めますよ

技師さんと思っていた以上に太いカメラがやってくる

せつな

のどの奥からこみ上げてくるものが。
誰もが言うあの感覚はこれだったのか。そう思ったときはもう遅い。体を硬くする以外に何モできない┌|∵|┘(はにまる)です。

技師さん同士で話している。

これだねえ

なんかあったみたい

さらにっつこまれ、

んー、これだこれ

そして、

はい、終わりました。

の声とともに引き抜かれるファイバー。止まらないげっぷ。したたり落ちるよだれ。

胃の下のところに潰瘍と出血の痕があります

と言うことで次回の内視鏡検査まで絶食というおまけまで付いての入院生活が始まります。このときすでに痛みはなく、仕事を休むつもりがなかったら胃薬飲んだだけで出勤してただろう┌|∵|┘でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント